創業明治35年 江口だんご本店 トップ
tel/0258-47-4105 fax/0258-47-4100カートの中
トップページへ商品のご案内 本店のご案内 江口だんごについて
江口だんご会社概要
  会社概要
江口だんごの歩み
夢の復活プロジェクト
 ・新潟の古民家再生
 ・幻の餅米復活
各店舗のご案内


お知らせ

縁起の良い一升餅でお子様の一切のお誕生日をお祝いしませんか?



 

江口だんごの歩み

明治35年
初代、江口駒吉が信濃川中州で行き交う人々にだんご・煮しめ等を賄う

明治9年に完成した最初の長生橋は信濃川の中州をまたぐ東西2本の橋。
初代駒吉がその中州に茶屋を出し、行き交う人々にだんごや煮しめなどを賄って旅のお茶処、行商の方たちのお休み処として賑わっていました。ところが明治40年の大洪水で中州の茶屋が跡形もなく流されてしまい、東岸の山田町に移りました。

 

 

 
三代目 江口賢司昭和35年
三代目、江口賢司がだんご・大福専門店として
本格的に菓子店営業。

実演販売

三代目 江口賢司が日本全国の菓子修行から帰郷後、本格的な菓子店としてだんご・大福などを中心に製造、販売を始めました。当時、長岡のデパート出店でお菓子の実演販売が評判となり、長岡市内のデパート全てに販売店を持つにいたりました。



 
 

数奇屋風郊外店


昭和車社会の休み処、郊外店への移行

郊外型の工場・店舗を西津町に建築。数奇屋風の店構えで製造・販売・喫茶を始め車社会の中でドライブの休憩・製造販売店として直売だけ切り替えました。


 

平成4年
四代目 江口太郎、世代を継ぐ者として商品・店舗の開発にのる。

次期四代目 江口太郎

四代目 江口太郎が東京赤坂、大分での菓子修行を終え、三代目と共に家業に就き、新しい商品の開発や人材の育成をしながら長岡市内に出店を始めます。


 
 
平成9年
江口だんごの味を全国へ。

新潟の良質な素材を用い、新潟の環境で美味しいお菓子を作ることを信念としながら、全国へも届けたいと販売を展開。笹だんごは新潟自慢、当店自慢の商品。県外からのご注文もいただくようになりました。


 

古民家再生店舗 平成17年
永年の夢が今ここに・・・。

長岡市宮本東方町で親子二代永年の夢であった大正餅復活の成功と古民家再生店舗完成。本店としてオープンいたしました。




商品のご案内本店のご案内江口だんごについてプライバシーポリシーお買い物方法初めての方へ・サイトマップ

新潟県名物笹団子と餅菓子の江口だんご
本店 :〒940-2043 新潟県長岡市宮本東方町熊之宮52-1 TEL/0258-47-4105 FAX/0258-47-4100 Eメール

Copyright 2005 EGUCHI DANGO All rights reserved.